前へ
次へ

土地バブル再来的世相に注意が必要なポイント

東京オリンピック開催の影響は首都圏に於ける不動産価格の上昇にも大きく関わっており、ちょっとした土地バブルの再来的な動きもある中、一つの問題も起こっています。
それは過疎地域の山林や原野などの不動産を利用した原野商法や、地面師グループの存在です。
原野商法や地面師グループは、バブル時代に多発したものの、バブル崩壊によって影を潜めていた存在ですが、最近の不動産取引の動きに乗じて、再び問題化してきているという実情があります。
これらの被害に合わない為には、まず自分の所有する不動産の状況や正当な価値を、十二分に把握し管理しておく事が非常に重要なポイントとなります。
また、美味しい話をすぐに鵜呑みにしてしまわずに、相手が信頼出来るのかどうかを冷静な判断した上で見極める事も、非常に重要なポイントとなります。
また、自分1人で判断が難しい場合には不動産の専門家や法律家、警察など然るべき機関に相談や問い合わせをする事も有効です。

Page Top