前へ
次へ

過疎地域に誘致をしている自治体

空き物件が多くなってしまい、人口が減少をしていることが悩みになっている自治体は多いです。
空き物件を有効活用するために格安で空き物件を販売しているところもあります。
移住をしてきた人に対して行政サービスを充実させて、永住をしてもらえるように工夫をしているところもあります。
過疎化を進めないためには様々な工夫が必要になってきます。
空き物件も人が住んでいなければどんどん朽ち果ててしまことになります。
誰でも住んでくれれば地域の活性化にもつながっていくでしょう。
最近では空き物件も古民家カフェという形で店舗経営をするところもあります。
古民家でも活用次第では集客に使うことができるようになります。
立地条件も大切ですが、不便なところにはそれなりの住みやすさがある、という場合も考えられます。
空き物件を放置しているのではなく、その場所に見合った活用をしたほうが物件を生かすことにもつながっていくので、メリットもあります。

Page Top